襤褸(らんる)って知ってますか?

ファイヤーキング買取.com
襤褸

襤褸とはなにか

襤褸(らんる)って知ってますか?らんるとは、ぼろ布、古布の意味で、江戸から昭和初期にかけて着用されてきた粗末な布を指します。

長年にわたって受け継がれてきた、つぎはぎだらけののぼろ布・らんるが「BORO」という名で現代に復活し、その存在感と美しさで世界のファッション業界から注目されているのです。

野良着

むかし、モノがあふれていなかった時代、布は貴重品でした。

晴れ着として大切に扱われた着物は、年月を経て、糸がほつれ、破れや裂け目が生じます。

その度に、お母さんが当て布を当てて穴をふさぎ、刺し子をし補修します。

当て布された晴れ着は、普段着へ、農作業の野良着へと姿を変え、最後は子供服、下着、オムツになります。

このように昔の人は布を使えるだけ使って処分しませんでした。

 

海外での人気

襤褸日本の庶民の美・らんるは今や「BORO」という名で世界で通用するまでになっており、特に海外で人気が高いのです。ニューヨークやミラノで何度も展示会が開催されたりするほどです。木綿や麻、藍染めのらんるは近年コレクターが増えるなどして、入手されにくい状態が続いており、高値で取引されています。

つぎはぎだらけのらんるがヨーロッパをはじめ世界中のアーティストを魅了しています。

 

 

貴重な襤褸を手に取って触れる

弊社の運営する『SAINT』ではこの襤褸を専門に扱っております。

博物館クラスとは申しませんが、常時100点以上の襤褸をご覧になることができます。

オンラインショップでの販売も行っておりますので、遠方の方でもご購入が可能です。

saint_online_store
〒060-0063 北海道 札幌市中央区南3条西8丁目11番4号 第1ビル2階

電話 011-215-0877

HP http://saintsapporo.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
札幌で骨董品の売却は

この記事の著者

noriaki hara

noriaki hara(有)K&Kコーポレーション 代表取締役

古いものが好きで20歳から骨董屋で修行をはじめました。
見たことないもの、手に入れたことのないものを求めて毎日のように走り回っております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る